2020年6月26日のDICOMO2020において,林 聡一郎(M1)の1名が以下のタイトルで発表を行いました.

  1. 車両走行環境を考慮した自動運転の段階的引き継ぎ要求のシミュレーション評価(林 聡一郎)

車両走行環境を考慮した自動運転の段階的引き継ぎ要求のシミュレーション評価(林 聡一郎)

 本研究では,関連研究のMRの問題点として,交通状況や天候,時刻といった車両走行環境を考慮せず,MRのタイミングが固定されていた問題点を解決した事前通知を提供する.よって,自動運転中にドライバが作業を行なっている時に自動運転では対応できずドライバが運転の引き継ぎ要求に応答しなければならない可能性がある状況の時に,運転引き継ぎ要求より事前に交通状況や天候,時刻といった車両走行環境を考慮した安全でドライバのストレスが少ない可変のタイミングで通知を行う事前通知を提供し,ドライバの視線を道路に向かせて道路状況を十分に確認できるようにして運転引き継ぎ要求に備えられるようにする段階的引き継ぎ要求が提案手法である