2020年9月3日のFIT2020において,山本 浩太郎(B4),岡村 俊樹(M2)の2名が以下のタイトルで発表を行いました.

  1. 走行環境を考慮した車両情報の効率的送信手法の検討(山本 浩太郎)
  2. 車両相互監視と位置外れ値検出によるV2X通信なりすまし検知手法(岡村 俊樹)

走行環境を考慮した車両情報の効率的送信手法の検討(山本 浩太郎)

 近年,ITS(Intelligent Transport Systems)の分野において研究開発が活発に行われ,道路交通の安全性や利便性の向上が図られている.搭載されたセンサで得た情報を基に自律走行する車両やV2X(Vehicle-to-everything)通信を用いた協調型システムを実装した車両が登場している.車両同士で通信を行う車車間(V2V)通信,路側機と通信を行う路車間(V2I)通信,セルラーネットワークを用いたV2Nによる通信など,V2X通信は自動運転の実現においても重要な役割を果たすと考えられる.また,最近では自動運転のための技術として,道路及び車両の位置を車線レベルまで特定出来る高精度三次元地図に,運転をサポートするための情報を載せたダイナミックマップの研究が行われている.事故や渋滞といった道路上の交通情報をリアルタイムで配信及び管理することで,事故防止や渋滞緩和に繋がる.しかし,V2X通信を行う車両が増加し車両密度が高くなると,通信トラフィックの増加によるパケットロスや通信遅延が問題となることが予想される.通信遅延が起きることで運転者やシステムの判断が遅くなり,車両同士の衝突事故や人身事故などに繋がるため,遅延の少ない通信が必要である.
 そこで本研究では,走行している車両の情報や周辺の道路情報に応じてダイナミックマップと通信を行う周期を動的に変化させ,車両とダイナミックマップ間の通信トラフィックを低減することで,通信の伝送効率を向上させる.

車両相互監視と位置外れ値検出によるV2X通信なりすまし検知手法(岡村 俊樹)

 現在,V2X(Vehicle to Everything)通信を用いて,車両間やインフラ,クラウドなどと通信を行うことができるコネクテッドカー(以下,CV)が開発されている.CVは,自車両の位置・速度情報や道路情報などを他車両やクラウドに送受信することで,様々なサービスが提供可能である.しかし,ネットワークに繋がることでCVに関するセキュリティの問題が生ずる.CVの脆弱性を狙った攻撃として車載ネットワークへの攻撃やV2X通信を用いた攻撃などがある.その1つに車両による位置情報のなりすましがある.位置情報のなりすましは,犯罪を目的としたCVが他車両やクラウドに対して,故意に誤った位置情報を送信する攻撃である.位置情報のなりすましの結果,交通渋滞や事故などを誘発することが可能である.CV社会において,偽装された位置情報の検知は重要である.本研究では,「なりすまし」を,車両が故意にクラウドに不正データを送信することと定義する.車両Aは,実際にはP-aにいるが,クラウドにP-a’であると送信することで,位置のなりすましが可能である.本論文では,位置のなりすましを検知する手法を提案する.