• Kenya Sato, Soichi Hasegawa, Shigeaki Tagashira, Keizo Saisho, and Akira Fukuda, “Performance Modeling of Layered-Data Delivery for Mobile Users through Broadcast / On-Demand Hybrid Communication”, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol.1987, pp.284-286, 2001/1.
  • 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “放送により配信される位置依存情報のキャッシュ方式”, 情報処理学会論文誌, Vol.41, No.9, pp.2434-2444, 2000/9.
  • 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “移動経路情報を利用した路車間通信方式のシミュレーションによる評価”, 情報処理学会論文誌, Vol.40, No.10, pp.3792-3800, 1999/10.
  • 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “STRAP : 移動を考慮した空間的時間的資源割当てプロトコル”, 情報処理学会論文誌, Vol.40, No.1, pp.76-84, 1999/1.
  • Takeo Uchino, Yoshiaki Hatta, Masahiro Tokunaga, and Kenya Sato, “Development for Gateway Equipment for In-Vehicle IEEE 1394 Network”, Proceedings of the 10th World Congress and Exhibition on Intelligent Transport Systems and Services, Paper Number 3177, 2003/11.
  • Kenichi Hatanaka, Kenya Sato, and Takanori Sawai, “Development of Perimeter Monitoring System over In-Vehicle Information Network”, Proceedings of the 10th World Congress and Exhibition on Intelligent Transport Systems and Services, Paper Number 3176, 2003/11.
  • Hideaki Ito, Katsumi Matsuura, Shigeaki Tagashira, Kenya Sato, Keizo Saisho, and Akira Fukuda,  “Design of Multicasting in Ad Hoc Network with the OMUSUBI System”, Proceedings of the 3rd International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications, pp.1056-1060, 2000/11.
  • Kenya Sato, Kazuo Hirano, Keizo Saisho, and Akira Fukuda, “Proposal of an Algorithm for Transmission and Cache of Location Dependent Data for In-Vehicle Computer System”, Proceedings of the 6th World Congress on Intelligent Transport Systems, Paper Number 3157 1999/11.
  • Kenya Sato, Keizo Saisho, and Akira Fukuda,  “A Spatio-Temporal Resource Allocation Protocol (STRAP) with Mobility Specification: Simulation and Performance Evaluation”, Proceedings of the 2nd ACM International Workshop on Modeling and Simulation of Wireless and Mobile Systems, pp.87-94, 1999/8.
  • Kenya Sato, Keizo Saisho, and Akira Fukuda, “A Cache System of Location Dependent Data for a Mobile Computer with Mobility Specification”,  Proceedings of the 1999 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications,Vol.2, pp.977-983, 1999­/6.
  • Kenya Sato, Keizo Saisho, and Akira Fukuda,  “Proposal of STRAP: Spatio-Temporal Resource Allocation Protocol with Mobility Specification”, Proceedings of the 13th International Conference on Information Networking, pp. 9B-3.1 – 9B-3.6, 1999/1.
  • Kenya Sato, Toru Sakon, Takumi Asaina, Kenji Kawamura, Hiroshi Okada, Toru Murase, and Tamaki Yamada, “Development of a New Platform for Car Navigation Systems”, Sumitomo Electric Technical Review, Number 42, pp.34-39, 1996.
  • 中島 芳夫, 藤本 嗣史, 石井 宏顕, 野田 雅紀, 熊本 博文, 佐藤 健哉, 澤井 孝則, “AMI-Cにおける情報系車載LAN標準化活動と実証システムの開発”, SEIテクニカルレビュー, 第163号, pp.25-29, 2003.
  • 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “移動を考慮した空間的時間的資源割り当てプロトコル(STRAP)の シミュレーションによる評価”,マルチメディア・分散・協調とモーバイル (DICOMO’98) シンポジウム 論文集, pp.563-570, 1998/7. (DICOMO’98 優秀論文受賞)
  • 長谷川 創一, 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “複数の通信メディアを利用した階層型データの効率的転送に関する考察”, マルチメディア・分散・協調とモーバイル (DICOMO’99) シンポジウム 論文集, pp.423-428, 1999/6.
  • 稲田 文武, 田頭 茂明, 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “ストリーミングメディアにおける階層型データのためのキャッシュシステム”, マルチメディア・分散・協調とモーバイル (DICOMO’99) シンポジウム 論文集, pp.309-314, 1999/6.
  • 佐藤 健哉, 熊本 博文, 平野 和夫, 最所 圭三, 福田 晃, “データ放送を利用した車載機器への情報配信システム”, マルチメディア・分散・協調とモーバイル (DICOMO 2000) シンポジウム 論文集, pp.685-690, 2000/6.
  • 伊藤 英明, 松浦 勝海, 田頭 茂明, 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “OMUSUBIシステムによるAd Hocネットワークでのマルチキャスト通信について”, マルチメディア, 分散, 協調とモーバイル(DICOMO 2000)シンポジウム論文集, pp.205-210, 2000/6.
  • 森重 孝, 田頭 茂明, 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “複数の通信メディアを利用した階層型データの効率的な転送方式の評価”, マルチメディア, 分散, 協調とモーバイル(DICOMO 2000) シンポジウム論文集, pp.277-282, 2000/6.
  • 早藤 英之, 森重 孝, 田頭 茂明, 佐藤 健哉, 中西 恒夫, 福田 晃, “複数の通信メディアを利用した階層型データ配信方式:ユーザの要求に応じて配信方法を変化させる地図データ配信システムの提案”, マルチメディア, 分散, 協調とモーバイル(DICOMO 2001) シンポジウム論文集, pp.181-186, 2001/6.
  • [特別講演] 佐藤 健哉, “AMI-C 1394 Automotive Proof-of Concept and Implementation”, 第5回 日経 自動車LANセミナー, 2003/11.
  • [特別講演] Kenya Sato, “AMI-C 1394 Automotive Activities and Vehicle Interface Protocol”, 1394 Trade Association 1st Quartary Meeting 2003, Hawaii, U.S.A.2003/1.
  • [特別講演] 佐藤 健哉, “AMI-C Communication Model and Common Message Set”, 第4回 日経 自動車LANセミナー, 2002/11.
  • [特別講演] Kenya Sato, “AMI-C Communication Model and Common Message Set”, The 1st AMI-C Technical Seminar, Detroit, U.S.A, 2002/8.
  • [パネリスト] “How Does AMI-C Network Work?”, Society of Automotive Engineering (SAE) Digital Car Conference 2002, Detroit, U.S.A., Panel Discussions on Networking the Telematics Vehicle, 2002/3.
  • 松浦 克海, 伊藤 英明, 田頭 茂明, 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “Ad Hoc Networkでの相対位置情報を用いた車車間通信システム”, 情報処理学会研究報告 モバイルコンピューティングとワイヤレス通信研究会, Vol. 14, No.9, pp.61-68, 2000/9.
  • [招待講演] Kenya Sato, “Information Management on Vehicular Communication Systems”, The 4th General Meeting of the IDB Forum, Kyoto, Japan, 2000/2.
  • 長谷川 創一, 田頭 茂明, 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “複数の通信メディアを利用した階層型データの効率的転送の実装モデル”, 情報処理学会研究報告 システムソフトウエアとオペレーティングシステ研究会, Vol.83, No.10, pp.55-60, 2000/2.
  • [招待講演] 佐藤 健哉, “高度道路交通システムにおける次世代通信/放送メディアのGISへの適応”, 関西データベース協議会 GIS/電子地図の会, 平成11年度第5回 定例会資料,pp.1-14, 1999/12.
  • [受賞講演] 佐藤 健哉, “STRAP:移動経路を利用した空間的時間的資源割り当てプロトコル”, 平成10年度 情報処理学会 モーバイルコンピューティング研究会 優秀研究報告賞, 情報処理学会モーバイルコンピューティングシンポジウム’99論文集, Vol.99, No.2, pp.5-7, 1999/9.
  • [招待講演] “ITSのための移動経路情報を用いた移動体通信アーキテクチャ”, 自動車技術会 第2回マルチメディア専門委員会, 1999/9.
  • 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “移動計画を利用した車載コンピュータにおける位置依存データのキャッシュ方式”, 情報処理学会研究報告, Vol.99-ITS-2, pp.85-92, 1999/6.
  • 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “移動計算機における位置依存情報のキャッシュ方式に関する考察”, 情報処理学会研究報告, Vol.98-MBL-7, pp.33-38, 1998/12.
  • 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “移動経路情報を利用したデータ転送方式のシミュレーションによる評価”, 情報処理学会研究報告, Vol.98-MPS-22, pp.1-6, 1998/11.
  • 稲田 文武, 田頭 茂明, 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “移動計算機環境における階層型データのためのキャッシュシステム”, 情報処理学会第57回全国大会, Vol.3, pp.589-590, 1998/10.
  • 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “移動を考慮した空間的時間的資源割り当てプロトコルの提案とその適応”, 情報処理学会第57回全国大会, Vol.3, pp.564-565, 1998/10.
  • 佐藤 健哉, 最所 圭三, 福田 晃, “STRAP:移動を考慮した空間的時間的資源割り当てプロトコルに関する考察”, 情報処理学会研究報告, Vol.98-MBL-5, pp.49-54, 1998/10. (平成10年度情報処理学会モーバイルコンピューティング研究会優秀研究報告賞受賞)
  • 佐藤 健哉, 左近 透, “カーナビのためのモーバイルコンピューティング技術”, マルチメディア通信と分散処理ワークショップ 論文集, pp.159-164, 1998/5.
  • AMI-C Bluetooth Hands-Free Profile Reference Implementation (AMI-C 2002-2), Verion 1.00.
  • Overview of AMI-C 1394 Automotive Test Specifications (AMI-C 3003-1-00), Version 0.90.
  • AMI-C Common Message Set (AMI-C 2002), Version 1.01.
    AMI-C Network Protocol Requirements for Vehicle Interface Access (AMI-C 2001), Version 1.00
  • AMI-C 1394 Automotive Proof-of-Concept Implementations step 1, 2, and 3 (AMI-C 3003-3), Version 1.00
  • AMI-C Requirements and Guidelines for 1394 Automotive Networks (AMI-C 3003), Version 0.91
  • 1394 Trade Association, TA Document 2001018, 1394 Automotive Specification (IDB-1394), Version 1.0.
  • Society of Automotive Engineers, “SAE J2366-2 ITS Data Bus Protocol – Link Layer Recommendation Practice”.
  • Society of Automotive Engineers, “SAE J2366-4 ITS Data Bus Protocol – Thin Transport Layer Recommendation Practice”.