論文誌

  • Kenya Sato, and Inoue Hiroyuki, Logical Communication Model and Real-Time Data Transmission Protocols for Embedded Systems with Controller Area Network, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol.3391, pp.551-560, 2005/2.
  • Yoshio Nakajima, Tsuguhito Fujimoto, Hiroaki Ishii, Masanori Noda, Hirofumi Kumamoto, Kenya Sato, and Takanori Sawai, “AMI-C Specification Standardization Activities and Development of Proof-of-concept Implementation”, SEI Technical Review, Number 57, pp.12-17, 2004/1.

国際会議

  • Kenichi Hatanaka, Norichika Ohmi, Masanori Noda, and Kenya Sato, In-Vehicle Communication Platform for Perimeter Monitoring Systems, In proceedings of the 11th World Congress and Exhibition on Intelligent Transport Systems and Services, Paper Number 3258 (CD-ROM), 2004/10.

口頭発表

  • 早川 裕志, 佐藤 健哉, ホームネットワークのためのアプリケーションフレームワークの提案, 第3回情報科学技術フォーラム論文集, Vol.4, pp.257-258, 2004/9.
  • 高木 厚伸, 佐藤 健哉, IEEE1394のホームネットワークへの適応:問題点とその解決案, 第3回情報科学技術フォーラム論文集, Vol.4, pp.259-260, 2004/9.
  • 杉内 創, 小板 隆浩, 福田 晃, Grid環境における情報管理サービスの検討, 第3回情報科学技術フォーラム論文集, Vol.2, pp.113-114, 2004/9.
  • 松井 洋介, 小舟 康予, 小板 隆浩, 福田 晃, MPI-HMMERのグリッド向けスケジューリング, 第3回情報科学技術フォーラム論文集, Vol.2, pp.139-140, 2004/9.
  • 井上 悠佑, 小板 隆浩, 福田 晃, 環境適応型スケジューリング実現方式の検討, 第3回情報科学技術フォーラム(FIT2004), Vol.2, pp.101-102, 2004/9.
  • 佐藤 健哉, 井上 博之, CAN (Controller Area Network)のためのマルチメディア伝送プロトコル, 2004年並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ, 情処研報 Vol.2004, No.83, pp.13-18, 2004/8.

招待講演・特別講演

  • 佐藤 健哉, AMI-C’s Requirement for In-Vehicle Networks and Telematics, 日経BP社主催 Automotive Technology Days 2004, 2004/11.
  • Kenya Sato, Can we define the telematics terminals? and if so, what is the definition?, – The current status of telematics service in Japan, World Telematics Business & Standard 2004, Seoul, Korea, Korean Telematics Business Association, 2004/9.

その他

  • 佐藤 健哉, 早川 裕志, 特開2004-327131, ホームネットワーク,電子機器コンポーネント,プロトコル変換コンポーネント, 2004/10.