論文誌

  • Atsunobu Takagi, Takahiro Koita, Kenya Sato, Evaluation of Service Discovery Mechanisms over IEEE 1394, Science and Engineering Review of Doshisha University, Vol. 46, No.4, pp.176-182, 2006/1.
  • Kenya Sato, Application-Oriented Mobile Communication Architecture for ITS, Science and Engineering Review of Doshisha University, Vol. 46, No.3, pp.157-168, 2005/10.
  • 佐藤 健哉, 小板 隆浩, 井上 博之, CAN (Controller Area Network) を利用した論理的通信モデル実現のためのプロトコル, 情報処理学会論文誌, Vol. 46, No. 8, pp.2142-2151, 2005/9.
  • 佐藤 健哉, 小板 隆浩, 井上 博之, IDB-Cプロトコルの問題点とその解決, 自動車技術会論文誌, Vol. 36, No.5, pp.211-216, 2005/8.

国際会議

  • Kenya Sato, Yosuke Matsui, and Takahiro Koita, Adaptation of Mobile Ad-Hoc Network Protocols for Sensor Networks to Vehicle Control Applications, Proceedings of the 3rd International Conference on Mechatronics and Information Technology, Vol.6041, pp.0Z:1-6, 2005/9.
  • Atsunobu Takagi, Takahiro Koita, and Kenya Sato, Fast Service Discovery Mechanism through High Speed Multimedia Network, Proceedings of the 3rd International Conference on Mechatronics and Information Technology, Vol.6041, pp.10:1-6, 2005/9.
  • Hiroshi Hayakawa, Takahiro Koita, and Kenya Sato, Service Oriented Network Architecture for Control and Management of Home Applications, Proceedings of the 3rd International Conference on Mechatronics and Information Technology, Vol.6041, pp.11:1-6, 2005/9.

国内シンポジウム(査読付き)

  • 早川 裕志, 小板 隆浩, 佐藤 健哉, サービス志向アーキテクチャによる新マルチメディアプラットフォームの構築, マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム論文集, pp.793-796, 2005/7. (DICOMOヤングリサーチャー賞受賞)

紀要

  • 松井 洋介, 小板 隆浩, 佐藤 健哉, モバイルアドホックネットワークプロトコルのITSアプリケーションへの適応, 同志社大学理工学研究報告 Vol. 46, No. 1, pp.21-28, 2005/4.

招待講演・特別講演

  • Kenya Sato, Current Status of AMI-C Activity, Automotive Technology Days 2005, 2005.
  • 佐藤 健哉, ITSのためのアプリケーション指向ネットワークアーキテクチャ, ビークルオートメーション研究会 ADVANTY 2005-Ⅱ, 2005.
  • 佐藤 健哉, ITRON同期・通信機能プログラミング, 名古屋大学組込みソフトウエア技術者人材養成プログラム, 2005.

その他

  • 佐藤 健哉, 早川 裕志, 特開2006-139429 “ホームネットワーク,電子機器コンポーネント,プロトコル変換コンポーネント”, 2006.

受賞

  • DICOMOヤングリサーチャー賞:早川 裕志, サービス志向アーキテクチャによる新マルチメディアプラットフォームの構築.