書籍

  • 佐藤 健哉(分担執筆), 車載センシング技術の開発とADAS,自動運転システムへの応用, 技術情報協会, 2017/5.
  • Akihiro Yamaguchi, Kenya Sato, Tatsuya Yamakawa, Shinya Honda, and Hiroaki Takada, Stochastic Behavior Modeling for Driver Assistance Using Stream Data Processing, Vehicle Systems and Driver Modelling: DPS, Human-to-Vehicle Interfaces, Driver Behavior, and Safety, Chapter 2, pp.19-46, De Gruyter, 2017/9.

論文誌

  • Jaeyong Rho, Takuya Azumi, Mayo Nakagawa, Kenya Sato, Nobuhiko Nishio, Scheduling Parallel and Distributed Processing for Automotive Data Stream Management System, Journal of Parallel and Distributed Computing (Elsevier), Volume 109, pp.286-300, 2017/11.
  • 鈴木 有也, 佐々木 健吾, 佐藤 健哉, 高田 広章, クラウド型自動運転を指向した並列ストリーム型ダイナミックマップ, 情報処理学会論文誌 Vol.58, No.1, pp.88-101, 2018/1.

総説・解説

  • 佐藤 健哉, 渡辺 陽介, 高田 広章, 動的地理情報共有のためのアプリケーションプラットホームとしてのダイナミックマップの役割, 電子情報通信学会誌, Vol.101, No.1, pp.85-90, 2018/1.
  • 佐藤 健哉, 車々間・路車間を利用した協調型自動運転の研究動向, 車載テクノロジー, Vol.5, No.1, pp.53-58, 2017/10.
  • 佐藤 健哉, 高田 広章, 新たなダイナミックマップから見る自動運転社会実現への課題, LIGARE, Vol.36, pp.40-43, 2017/11.
  • 佐藤 健哉, 三好 博昭, 実用化迫る自動運転 産官学の視点から ~同志社大学における協調型自動運転に関する研究~, 日本機械学会誌, Vol.121, No.1191, pp.28-31, 2018/2.

国際会議(査読付き)

  • Shuntaro Azuma, Manabu Tsukada, Teruaki Nomura, and Kenya Sato, A Method of Detecting Camouflage Data with Mutual Vehicle Position Monitoring, The Sixth International Conference on Advances in Vehicular Systems, Technologies and Applications (VEHICULAR 2017), pp.48-53, Nice, France, 2017/7.(Best Paper Award 受賞)

国内シンポジウム(査読付き)

  • 長谷 錦, 吉村 悠, 今野 裕太, 佐藤 健哉, ネットワーク仮想化を用いたホームネットワーク管理手法の提案, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム論文集, pp.180-186, 2017/6.
  • 東 峻太朗, 野村 晃啓, 塚田 学, 佐藤 健哉, 車両位置相互監視によるV2X通信なりすまし検知手法, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム論文集, pp.325-331, 2017/6.(優秀プレゼンテーション賞受賞)
  • 阪田 大輔, 森田 健太郎, 佐藤 健哉, スマートグラスにおけるARを用いた音声コミュニケーション支援手法の提案, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム論文集, pp.1132-1137, 2017/6.(ヤングリサーチャー賞受賞)
  • 青野 朝日, 佐藤 健哉, データフローモデルを基盤としたドライビングシミュレータ構築環境の評価, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム論文集, pp.1246-1250, 2017/6.
  • 杉坂 竜亮, 青野 朝日, 綾木 良太, 佐藤 健哉, Webベースダイナミックマップの実装と評価, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム論文集, pp.1197-1202, 2017/6.(優秀プレゼンテーション賞受賞)

口頭発表

  • 英 翔子, 杉坂 竜亮, 佐藤 健哉, ダイナミックマップを基盤としたバーチャル信号による交通制御アプリケーション, 第16回情報科学技術フォーラム(FIT2017), pp.271-272, 2017/9.
  • 井上 綺泉, 阪田 大輔, 佐藤 健哉, ARを利用した複数視点からの対象物特定手法, 第16回情報科学技術フォーラム(FIT2017), pp.237-238, 2017/9.(FIT奨励賞受賞)
  • 木村 健太, 東 峻太郎, 佐藤 健哉, 協調型自動運転における安全と効率の評価検討, 第16回情報科学技術フォーラム(FIT2017), pp.267-268, 2017/9.
  • 岩月 海人, 吉村 悠, 佐藤 健哉, 移動体の位置と速度を考慮したSDNによるネットワークの効率的接続, 第16回情報科学技術フォーラム(FIT2017), pp.243-244, 2017/9.
  • 中谷 要太, 岩見 泰周, 佐藤 健哉, 周辺環境状況に基づく動的ポリシー設定による小型無人機操縦の支援, 第16回情報科学技術フォーラム(FIT2017), pp.241-242, 2017/9.
  • 横田 雅樹, 野村 晃啓, 佐藤 健哉, 優先度制御を用いた車車間通信における効率的情報配信手法, 第16回情報科学技術フォーラム(FIT2017), pp.269-270, 2017/9.
  • 阪田 大輔, 森田 健太郎, 佐藤 健哉, スマートグラスにおけるARを用いた音声コミュニケーション支援手法, ウェアラブルコンピュータ研究開発機構HMDミーティング, 2017/7.
  • 秋田 浩也, 佐藤 健哉, 宅内行動推定の精度向上を目指したデータ分析に関する一検討, 情報処理学会ユビキタス・コンピューティングシステム研究会, 情報処理学会研究報告 Vol.2017-UBI-55, No.10, pp.1-6, 2017/8.
  • 今野 雄太, 佐藤 健哉, 論理デバイスプロキシを利用したIoTセキュリティプラットフォームの提案, 情報処理学会関西支部大会, C-17, pp.1-6, 2017/9.(支部大会奨励賞受賞)
  • 岩見 泰周, 佐藤 健哉, ビーコン情報のマルチホップによる歩行者の位置精度向上, 情報処理学会関西支部大会, D-07, pp.1-6, 2017/9.
  • 吉村 遙, 佐藤 健哉, ユーザ利便性向上を目指したIoTのためのSDNセキュリティポリシー設定機構, 情報処理学会関西支部大会, C-18, pp.1-6, 2017/9.
  • 山本 拓実, 渡辺 陽介, 佐藤 健哉, 高田 広章, リアルタイムな都市交通情報管理に向けたダイナミックマップのシミュレーション評価環境の構築, 情報処理学会第80回全国大会講演論文集, Vol.3, pp.37-38, 2018/3.
  • 西村 閣晋, 秋田 浩也, 佐藤 健哉, AR技術によるネットワーク接続機器監視手法の提案, 情報処理学会第80回全国大会講演論文集, Vol.3, pp.199-200, 2018/3.(学生奨励賞受賞)
  • 西牧 佑哉, 森田 健太郎, 佐藤 健哉, 移動体の電波強度を利用した歩行者の位置推定精度向上手法, 情報処理学会第80回全国大会講演論文集, Vol.3, pp.427-428, 2018/3.

招待講演・特別講演

  • 佐藤 健哉, [基調講演]ITS通信に関する各国の取り組み・動向,自動車技術会 ITS国際標準化専門家会議, 2018/2.
  • 佐藤 健哉, 高齢者ドライバ支援を目指した協調型自動運転に向けて, 2017年度 京たなべ・同志社ヒューマンカレッジ, 2017/6.
  • 佐藤 健哉, [特別招待講演]協調型自動運転に向けた車々間・路車間通信とダイナミックマップ,信学技法 NS2017-76, pp.25-30, 2017/11.
  • 佐藤 健哉, ITSの最新動向:コネクテッドビークル&ダイナミックマップ, 道路新産業開発機構 (HIDO) ITSセミナー, 2017/11.
  • 佐藤 健哉, [招待講演]コネクテッド・ビークル&ダイナミックマップ技術 ~協調型自動運転に向けた情報通信プラットフォーム~,平成29年度電気関係学会関西連合大会講演論文集 G11-4, pp.311-312, 2017/11.

受賞

  • 情報処理学会論文誌データベース 優秀論文賞:Akihiro Yamaguchi, Yousuke Watanabe, Kenya Sato, Yukikazu Nakamoto, Yoshiharu Ishikawa, Honda Shinya, and Hiroaki Takada, In-Vehicle Distributed Time-critical Data Stream Management System for Advanced Driver Assistance
  • IARIA Best Paper Award:Shuntaro Azuma, Manabu Tsukada, Teruaki Nomura, Kenya Sato, A Method of Detecting Camouflage Data with Mutual Vehicle Position Monitoring
  • DICOMO優秀プレゼンテーション賞:杉坂 竜亮, Webベースダイナミックマップの実装と評価
  • DICOMO優秀プレゼンテーション賞:東 峻太朗, 車両位置相互監視によるV2X通信なりすまし検知手法
  • DICOMOヤングリサーチャー賞:阪田 大輔, スマートグラスにおけるARを用いた音声コミュニケーション支援手法の提案
  • FIT奨励賞:井上 綺泉, ARを利用した複数視点からの対象物特定手法
  • 情報処理学会関西支部大会奨励賞:今野 裕太, 論理デバイスプロキシを利用したIoTセキュリティプラットフォームの提案
  • 情報処理学会全国大会学生奨励賞:西村 閣晋, AR技術によるネットワーク接続機器監視手法の提案