1. 基本方針

教員と学生が対等な立場で自由に議論できる研究教育環境の構築を目指します.積極的に意見を出しあい,みんなで協力してより良い研究室の環境を整えていきます.分からないことがあれば聞いてみましょう.悩んでいることがあれば相談しましょう.困っている人がいれば助けましょう.

image1


2. 指導方針

「教師の仕事は教えることではない.考えさせることである」という言葉がありますが,基本的には自分で積極的に物事を考えてもらうように導きます.また,すべてにおいて,「明るく・楽しく・元気よく」をモットーにしています.

image2


3. 研究教育

定期的にグループおよび研究室全体でミーティングを開催し,相互の研究内容を理解し,ディスカッションします.特定の書籍をグループ内で購読しその内容を発表し合うことで,その分野の技術を深く学びます.また,英語論文を読んで内容を紹介することで,英語の購読能力をつけます.自分の研究について発表することで,研究内容を文書にまとめる能力,発表によるプレゼン能力を培います.研究開発の進め方から人材育成までの様々なジャンルのビデオの定期的視聴を通して,将来の就職活動などに備えて一般教養をつけるとともに基礎知識を深めます.

image3


4. 進路

就職活動: 特定分野の基礎知識や研究に関する応用能力に加えて,プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力も向上し,過去,多くの卒業生が就職し企業などで活躍しています.多くのOBが研究室を訪問します.
卒業生: 特に,日立製作所,NEC,NTT関連企業(NTTコミュニケーションズ,NTTデータ,ドコモ,NTT西日本など)に就職する卒業生が多いです.パナソニック,東芝,三菱電気といった電機メーカから,KDDI,IIJ,ケイオプティコム,楽天,サイバーエージェント,ドワンゴなどのインターネット関連企業,また,任天堂,スクエニ,カプコン,コナミなどのゲームメーカにも卒業生がいます.さらに,島津製作所,キーエンス,本田技研,豊田自動織機,NEXCO西日本など,外資系ではインテル,シスコ,エリクソンなどにも就職しています.

キャプチャ


5. 年間スケジュール

4~6月

研究室配属,歓迎会: 新4年生と研究室メンバと顔合わせて,懇親を深めます.
スタートアップゼミ: 新4年生は,院生指導のもと,まずは簡単なテーマを決めて最初のひと月で研究の進め方を学びます.
学会発表: 情報処理学会マルチメディア・分散・協調とモバイルシンポジムにおいて,多くの院生が研究発表を行います.

7~9月

中間発表会: 3研究室合同でM2が修論に向けて研究している内容を発表します.
ゼミ合宿: 同志社びわこリトリートセンターにおいて合宿し,4年生の卒論にむけた中間発表,学会発表のための練習などを実施します.夜はバーベキューをします.
対外発表: 情報処理学会等が主催する情報技術フォーラムにおいて,学部生,院生が研究発表を行います.

10~12月

OB会: 研究室卒業生を含む忘年会を実施します.

1~3月

修論試問会: M2は修士論文を執筆し,修論試問会で研究内容を発表します.
卒論発表会: B4は卒業論文を執筆し,卒論発表会で研究内容を発表します.
対外発表: 情報処理学会全国大会において,学部生,院生が研究発表を行います.
卒業式・謝恩会: 卒業式,学位授与式が開催されます.また,謝恩会も開催されます.

キャプチャ

 


6. 不定期イベント

研究発表: 研究内容がまとまったところで,国内研究会や国際会議で発表する機会を設けます.
コンテスト: プログラミングコンテストやセキュリティコンテストなどに積極的に参加することをサポートします.
飲み会: 主に月例発表会の後に飲み会,ビアガーデン,ピザパーティ,バーベキューを開催し研究室メンバの親睦を深めます.
スポーツ: バスケット,フットサルなどのスポーツイベントを開催し体力向上を目指すとともに,チームワーク強化に努めます.

image6


7. 最後に

楽しくなければ,なかなか続けられません.楽しみながらも一生懸命頑張れば,必ずよい結果がついてくると信じていますし,それに向けて積極的にサポートしていきます.様々な分野においてチャレンジし,大学卒業まで有意義な研究室ライフを送って下さい.

image7